3月に引越には引越しの依頼をしないように

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

1bbe55538ce75f18c02e0dc88c4ce913_s.jpg

単身パック 最安値の業者は?

会社の都合で転勤を命じられる場合には、どうしても引越し日を決めなければ行けない状況となります。多くの場合3月が転勤の時期となる為、新入学シーズンと重なります。

その為、引越し業者には多くの引越しの依頼が入っている段階なので、その状態で引越しの依頼をすると断られる可能性があります。このような繁忙期の場合には、数ヶ月前から引越しの予定が入ることが多くあり、数週間前の依頼では到底無理な状態となります。

この時期には、無名の引越し業者もかなり忙しい時期となる為、引越し業者の見積サイトをチェックして依頼できる業者を多くの業者の中から探す事になります。

引越し業者も、人手が足りない状態となるので日雇いアルバイトを大量に雇い入れる時期となります。その為、引越し業者の仕事の質が低下してしまう可能性があるのです。

しかし、この時期に引越を完了させなければいけない人は多いため、ちょっとした問題があったとしても引越し業者を選定するしかない状況があります。

問題は、このような業者であったとしても依頼ができなかった場合です。自分でトラックを手配して作業する事も可能ですが、レンタカー業者もこの時期はトラックが全て出払ってしまう時期となります。

引越し業者のスタッフの仕事

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

打ち合わせ5.jpg

見積をしてる段階において、現場に何名の作業スタッフが入るのか最初で話をしておく必要があります。営業のスタッフと現場に入る作業員は、基本的には別の人となります。

見積を作る担当者は、見積専門のスタッフと言うことになります。その為、引越し業者の作業員は別のスタッフが入るのですが、このスタッフの質が問題となります。

よりスピーディーにプロの仕事をしてもらえるのであれば満足ですが、作業の段取りがよく分からないような担当者が入ってくると、一つの家具を車に積載するだけで破損させないようにオロオロしてしまう状況を見てしまいます。

お金を払って依頼している仕事に対して、このような状況を見せられてしまうと、引越し業者に依頼したことが間違ってたのではないかと考えることもあるはずです。

しかし、格安の引越し業者はこのような仕事内容となる可能性が高いので、ひたすら値引きができるような引越し業者を選ぶ時には、このような部分は考慮しておく必要があります。

個人で引越しをするときには、車が手配できれば自分でできる可能性もあったり、引越し業者の単身パックなどを選択する方法もあったりと、選択肢が広がるので見積などを依頼せずに簡単な方法で引越しをするようにします。

引越しは大型トラックが必要である

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

引越し 衣装ケースの梱包についてこちらも参考に!

大手の引越し業者に見積もり書を作ってもらうと、かなり高額な見積もりとなっている事を確認できるはずです。

引越しは、僅か数時間で終了する作業ですが、大型トラックを準備したり多くのスタッフで作業するのでかなりのコストがかかってしまいます。

引越しの予算がオーバーしている状況であれば、自分で大型車両を調達して引越しの作業をやってみる考え方もあります。

ただ、引越しの量が少ないときには大手の業者が影響している「単身パック」のようなサービスを依頼した方が安く作業が完了出来る可能性があります。
84962708e1a5dfb796422aaa21f60874_s.jpg
トラックを調達するコストはそれほど安くはないので、量が少なければ自前でどうにか可能ですが、大型トラックを準備したときには引越し業者に依頼したときと比較して安くできるか微妙な状況になることもあります。

引越し業者は、3月前後が最も忙しいのですが、その時期から外れている場合、値下げ交渉に応じてもらえる可能性があります。

そのあたりの最終的な価格をチェックしていくと、自分でトラックを用意して作業をした方がお得なのか、もしくは引越し業者に事情を説明して安くしてもらう相談に乗ってもらう事が良い選択になる可能性もあります。

とりあえず見積書を出してもらい、慎重に検討していきます。

引越し業者のおまかせパックを依頼する

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

引越し3.jpg

引越しメニューには、「おまかせパック」があります。これは、引越しをする前の段階でスタッフが梱包作業をする為に来てもらい、段ボール箱に梱包していく作業をやってもらうことができます。

そして、引越しの作業とその後の清掃作業も全てパックに入っているので、依頼した人は何もせずに全ての作業を引越し業者がやっていく事が可能となります。

このおまかせパックは非常に便利ですが、引越しを依頼するコストの中でも最も高いサービスとなります。

そのため、引越し費用を安く見積もっていく為には、梱包作業は全て自分でやる必要があります。段ボール箱やガムテープなどは、引越し業者から無料でいただくことが出来るので、引越しをするかなり前の段階で段ボール箱をもらう事ができます。

そして、引越し当日に残った段ボール箱は無料で回収してもらえるので、梱包作業にどれくらいの段ボール箱が必要であるのが事前にチェックしてもらい、作業後の片付けなども無料でやってもらいます。

引越し業者は、不要品を回収してもらうサービスもありますが、特別な料金が必要となってくるので、自分で処分する段取りを探すよりもコストが高くなってしまう状況が考えられます。このように、様々な段取りをやっていく必要があります。

自分の都合で引越しをするときには

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

b11cfdc0b0760219797509d2031290ea_s.jpg

引越しをするときに重要となってくるのは引越し費用だけでなく、その時期です。一般的には引越し業者に依頼するときには平日の方が安くなるので、平日に依頼する方法があります。

しかし、平日は会社を休めない場合も多いので家族に依頼して引越しをやってもらうか、自分であるのであれば業者に依頼せずに休日に全ての作業をこなしていくなどの対策が可能となります。

引越しの費用に関して、会社側が指示した電気の場合には、いくらかの費用を出してもらえる可能性がありますが、自分の都合で引越しを予定してるのであれば全ての費用が自己負担となります。
引越し 同一県内 相場を知っておこう
そうなってくると、出来るだけ節約するための対策を考えるようになります。週末であれば手伝ってくれる人を何人か確保できる可能性があるので、手伝ってもらえる人を出来るだけ多く集めて、大型車両を準備して作業をします。

不慣れな人であったとしても家具類や家電製品を移動するだけはそれほど難しくないので、段取り良く作業するためにも出来るだけ段ボール箱の中に物を入れておきます。そうすると持ちやすいため作業スピードが落ちないのです。

このような梱包作業にもかなりの時間がかかるので、引越し予定が決まった段階で早めに作業を開始することが重要です。

引越し当日にはトラブルとなる可能性がある

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

引越しをする前に自宅で使っている電化製品の全てのコンセントを抜いておきます。これは、引越し当日に家電製品のコンセントを抜いて準備をするよりも、早い段階で家電製品を移動しやすい状態に作り上げておく対策が必要だからです。

コンセントのラインをまとめてひもで結んでおき、移動しやすい状態に証来ます。このような作業を引越前日までに終わっておけば、当日は作業員を集めてトラックに積みこむ作業からスタートすることができます。
コード.jpg
引越しの作業の当日に、雨が降ってしまったり何らかのトラブルがあると、作業が予定よりずれ込んでしまいます。その為、出来るだけ前日までに出来る作業は全て終わらしておくことが重要となるのです。

特に雨が降ったときには、家電製品を雨に濡らしながら作業する事は製品の故障につながってしまうので、雨が上がるまでは待つ事になります。

家電製品全てにゴミ袋で梱包する作業をすると更に時間がかかってしまうので、雨が上がるまでは何もせずに待つ事に徹するべきです。そして、雨が上がってから早めの作業となりますが、ぬかるみに足を取られてしまう可能性もあるので落ちついて作業する必要があります。

このように、引越の当日には予定よりも遅れてしまう様々な可能性があります。

引越しが大好きです

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

c3fbb59605ecdd894e5f708eb180c4b0_s.jpg

私は引越しが大好きです。
独身のときは3年に1回、引越しをしていました。
住む家や環境などを変化させることで、中ダレすることなく生活ができるからです。
もともと九州の人間なのですが、仕事の関係で東京にできてて、それから10年以上、関東で生活をしています。
最初は大田区多摩川に住んでいました。多摩川沿いだったため、川沿いにランニングができ、非常に良かったです。
しかし駐車場代が高く25000円でした。
通勤も東急多摩川線→東急東横線と乗り換えが必要で、混雑もしていたので、川崎市麻生区に引っ越すことにしました。
麻生区の栗平というところです。

引越し 単身の最安値の業者はどこ?
駐車場つきで立派なアパートでした。通勤も小田急多摩線→小田急本線の乗り換えが必要でしたが、多摩急行という直通電車があるため、実質1本で通勤することができます。
田舎のひっそりとした場所なので、静かに生活することができました。
その後、結婚して家が狭くなったので、となりの、はるひ野という場所に引越しました。こちらは小田急多摩線の各駅停車しかとまらない場所でしたが、駅から徒歩1分という好立地でした。
木造アパートだったため、2Fに住んでいたのですが、1Fの人のいびきが聞こえてきたので数ヶ月で退去しました。
現在は葛飾区の堀切に分譲マンションを購入して住んでいます。
綾瀬駅で始発で1本で通勤できるので、非常に便利です。
もう8年くらい住んでいます。
これからは、引越しするなら単身赴任のときなんでしょうねー。

焦るばかりで行動に移せなくて・・・

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

引っ越しのような大仕事となると気持ちばかりが先走ってしまいます。わたしはついつい頭でっかちになって考えてばかりになりがちなんです。よく「体を動かそうね!」と家族から言われます。

焦りが出ると考えてばかりになります。体を動かそうという気持ちはありますが、どこから手をつけたらいいのか分からないのです。誰かから指示をもらえればいいのだけど、家族はそれぞれに仕事や趣味に出てしまい家に残るのはわたししかいません。そうなると自分一人で引っ越しに向けて作業を進めなくてはならず困り果ててしまうのです。
クローゼット.jpg
荷造りは大変です。家族が多いと荷造りといったって何から段ボールに詰めていいやら途方に暮れます。自分のものなら使わないものから箱詰めしていけばいいから簡単です。これは問題なくさっさと進められるけれど、自分以外の人のものとなると粗相があってはいけないと思うのです。

「それはまだ使いたかったのに・・・」「あれどこいった?」「これから着たいと思っていたのに・・・」なんてことになるのはもう御免です。ただでさえ面倒くさいことが重なるのに、二度手間三度手間は御免です。

だから気持ちばかりが先走ってしまい行動に移せないのです・・・。

何でも屋さんに引越しを依頼して安くする

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

引越し1.jpg

日本国内には軽自動車で何でも屋をやっている人が多くいて、全国チェーンの何でも屋さんも多いのです。サービス料金も全国統一で設定されているため、引越しの時に手伝ってもらう作業を依頼するときにもどれくらいの金額であるのかすぐに確認することができます。

自前で引越しをするときに問題になるのは、屋根なしの車両が確保できない時に、直立したまま移動する必要がある冷蔵庫の運搬が不可能となってしまう事です。

そのような場合軽トラで作業をしてもらえる何でも屋さんに依頼することにより、自前で移動ができない大型家具類の運搬を手伝ってもらうことができます。
引越しが決まったらこちらもチェック→運送会社 単身パック プラン
大型の書くだけをこのような業者に依頼すると、運搬時だけの価格だけで済むのです。つまり、引越し業者に全てを依頼するよりもかなり格安で作業を終えることが可能となります。

引越しをする距離にも寄りますが、それほど遠くないのであれば地元の格安な何でも屋さんに依頼して、二時間程度作業手伝ってもらうだけにします。このように時間的に束縛する時間帯を少なくしていけばコストをどんどん落としていく事が可能です。

このように、自前で引越しをするときには安くする手段がいくつもあるので、多くの情報をチェックしてみることです。

単身の引越しなら自力でのダンボール確保もOKだが・・

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

引越しの荷作りの際、その梱包の主役を務めるのは当然ダンボール箱となる筈ですが、その入手方法で苦労する人も結構いると思います。

e376194eb13307b41d259c1787953a21_s.jpg
確かに引越し業者に早めに予約を入れさえすれば、その業者から無料で数多くのダンボール箱、しかもサイズの揃った多くの箱を提供してもらえるので大変楽なのですが、始めから業者に頼らず、すべて自らの手で行いたいという人にとっては無縁のサービスでしょう。
自力で引越しを行いたい人がダンボール箱の確保でよくお世話になるのが、地元の大型スーパーやホームセンター。そこでは商品入荷の際常に空きの出荷用ダンボール箱が生じており、それらを入手するのは比較的容易なのです。
ですがもちろん、それらの店舗が引越し予定の人の為にそれらのダンボール箱を揃えている訳では無く、当然サイズもバラバラ。荷作りの際はそういったマイナス条件も考慮しておく必要があるでしょう。
ただ荷物量もそれ程多く無く、また家具のサイズも小さめな単身の引越しの場合、その条件がそれ程致命的になるケースは少ないもの。上手く内容物のサイズを調整すれば、意外と上手く梱包出来るものなのです。
逆に家具のサイズも大きくなりがちで分解も不可、また荷物量も多くなってしまう家族での引越しなら、無理をせず早めに引越し業者に相談するのがベストでしょう。
それは結果的に大事な家具や荷物を破損から守り、ストレス無き引越しを完遂させる事に直結するのです。